携帯電話で出会い系サイトを使えるようになった頃

iモードが1999年2月に登場してからというものの、携帯電話でもインターネットを利用できるようになってから、すでに20年近くが経過しています。

 

このiモードの登場が、携帯電話でインターネットを楽しむことができるというのが最先端ではなく、誰でもできるようになったという時代の始まりでした。

 

後を追うようにJ-phoneやIDO、TU-KAといった数々の携帯電話によるインターネット接続サービスがスタートしました。

 

ただ、携帯電話サービスは統合、吸収などを重ねてきたので、今ではその名前すら知らない人も多いでしょう。

 

iモードが登場した当時は通話料金のことを考えると、通話するよりもメールを使ったほうが格段に安く済むものでした。

 

その頃から、携帯電話は通話するためのものというよりもインターネットを使ったり、メールを送ったりするためのものと割り切った使い方をする人も多くなったものです。

 

当然、携帯電話で出会い系サイトを使う人が増えてきたのも、iモードを中心とした携帯電話インターネットサービスが誰でも使えるものになったからなのです。

 

 

優良出会い系サイトBIG3のハッピーメール、PCMAX、ワクワクメールではセフレがほしい女性をお相手にしたセフレ作りが人気です。
詳しくは

を読むとセフレの作り方が分かります。

 

携帯電話でインターネットができるようになってから

携帯電話のメールやインターネットを使いこなせるようになれば、運命の出会いの場所も広がるというもの。

 

というのは、携帯電話でインターネットが見られるようになってから、携帯電話用の出会い系サイトがすぐに登場し、どんどん盛り上がってきたからです。

 

当時は文字数の制限が厳しかったので、パソコンでメールを送信する場合と比べても格段に手間がかからないものでした。

 

どれくらいの文字数で制限がかかるのかと言うと、

 

「はじめまして。ボクは○○。30歳。○○○○を見てメールしました。メル友になりましょう。」

 

程度のまさに簡単な文を送るだけしかできなかったのです。

 

また、文字数の制限だけでなく、携帯電話の画面自体も小さかったので、メールの文章はより短く簡潔でOKだったのです。

 

ただ、それまでは出会い系サイトを使えるのはパソコンだけでしたから、どこでも持ち歩くことができて、電車の中や会社でも、布団の中でも、ちょっと気が向いたときに出会い系サイトにアクセスできるのが携帯電話でした。

 

もちろん、今のスマホと同じようにメールが届けばお知らせしてもらえる機能はあったので、オンタイムでの会話を楽しむこともできました。

 

つまり、自分が今何をしているのか携帯電話メールで知らせあうことができたのです。

 

  • 「おはよう。今日もがんばろう!」
  •  

  • 「お昼だね。何を食べているの?ボクはパスタ」
  •  

  • 「もうそろそろ寝るのかな?いつも何時ぐらいに寝てるの?」

 

などなど、お相手からメールの返事が来て、こんなやり取りができるようになればシメたものでした。

 

マメに自分の存在をアピールしていると、お相手の女性に親しみを覚えさせやすくなるからです。

 

そして、お相手の女性にも会ってみたいと思わせやすくなったのです。

 

iモード以外の携帯電話インターネットサービス

IDOやセルラー、TU-KAなどの複数の電話会社が組むことによって全国をカバーしていたのが、今のAUのもとになっているEZサービスでした。

 

当時は、新親加入者の増加率もiモードに負けてない勢いでした。

 

出会い系サイトに関してもEZサービスのユーザーのみの場も提供していました。

 

ただ、EZサービスはパソコンからの利用ができないという欠点がありました。

 

携帯電話で出会い系サイトを使えるようになって

携帯電話の出会い系サイトは、相手の実生活に入り込むきっかけのひとつでした。

 

携帯電話でメル友募集をしている人は、無意識のうちに実際に会いやすい範囲に住んでいる人を探していたものです。

 

携帯電話の出会い系サイトによって、近所に住んでいるとか、暇だからすぐに会えるだとか、気が向いたときに気軽に利用できるようになったので、1日の生活の中に密着してきたのでしょう。

 

つまり、ネットという見えない世界でありながら、実は現実味のある交流を求めている人が多かったのです。

 

今のスマホによる出会い系サイトよりも、さらに短い文章しか使えなかったので、1日に1回くらいしかやり取りしないパソコンで出会い系サイトを使った場合よりも、より身近で親しみやすいものになってきたのでしょう。

 

もちろん、メールの返事が来るかどうかはお相手にゆだねるしかないのですが、一旦、メル友になってさえしまえば、実際に会おうという話になるまではそれほど時間がかからなかったのです。

 

自分の存在を邪魔だと思わせないように、お相手の女性に合わせてメールを送るペースを変える必要はありますが、朝とお昼休み、そして寝る前と1日3回くらいは自分をアピールするチャンスはありました。

 

こちらのページでは、PCMAXとハッピーメールとワクワクメールを掛け持ちで併用したらザクザク出会えた体験談を読むことができます。

3つの優良出会い系サイトを掛け持ちして使ったときのとんでもないメリットが分かります。